想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

特別勉強会「植物工場における育種の可能性と方向性」開催 千葉大植物工場研究会2020年9月14日

一覧へ

千葉大学のNPO植物工場研究会は10月8日、「植物工場における育種の可能性と方向性」をテーマに第136回特別勉強会を開く。新型コロナウイルスの影響で3月6日から延期となっていたが、あらためてWeb視聴で開催する。

勉強会では、人工光を含む最新の環境制御技術等を活かした植物工場における選抜・世代促進などを背景とした高速育種、葉菜類・果菜類の専用品種の必要性と方向性、ゲノム編集育種など、今後の育種の可能性と方向性を考える。詳細は次の通り。

<第136回特別勉強会概要>
日時
視聴期間:10月8日13:00~10月22日13:00
視聴費用:一般6000円/人(税込)、植物工場研究会会員3000円/人(税込)
※2019年度、2020年度の「無料参加証」を使用可

内容
1.「日本の農林水産研究イノベーション戦略2020-ポストコロナの指針と育種の位置づけ」
中野明正(千葉大学 学術研究・イノベーション推進機構、前農林水産省研究調整官)

2.「ゲノム編集技術による品種改良―可能性と利用のルール」
笠井美恵子(千葉大学 環境健康フィールド科学センター)

3.「人工光型植物工場を活用した育種の課題と可能性」
丸尾達(千葉大学大学院園芸学研究科)

※各講演時間は約50分

申込方法:ホームページの申込専用フォームから申し込む。

【植物工場研究会・勉強会ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る