想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スガノ農機、オラクルのSaaSで営業管理と予実分析をデジタル化2021年1月14日

一覧へ

1917年創業のスガノ農機(茨城県稲敷郡)は、日本オラクルのセールス・クラウド「Oracle CX Sales」と営業部門向け予算管理クラウド「Oracle Sales Planning and Performance Management」を使い、営業管理と予実分析をデジタル化することになった。日本オラクルが1月13日、発表した。スガノ農機は、営業部門向け予算管理クラウドによりデータドリブンな意思決定の基盤を構築する。

スガノ農機は、健康で安全な作物を育てるため、その作物の根が成長する土中環境を考える土づくりの重要性に着目した農業機械を製造し、全国に販売している。

同社は、代理店経由で農業用機械を販売する中で、自社の顧客情報と代理店の情報が一元的に管理されていないことや、商談、営業活動状況が可視化されていないことが課題になっていたため、「Oracle CX Sales」を導入。商談や営業プロセスを見える化した。

「Oracle CX Sales」の活用による営業活動状況の見える化を進める中で、営業担当、製品やエリア別などの多様な軸で営業活動・売上を分析することや、予測などデータに基づく戦略立案の重要性が高まってきた。また、「Oracle Sales Planning and Performance Management」を導入することで、特定地域への訪問数や受注金額の推移から営業活動の影響度合いを分かりやすくグラフ化。販売力のある代理店の一覧や、地域別売上比較、代理店別の製品売上の分析・予測が可能になり、さらなる経営強化をめざす。

スガノ農機の渡邊信夫社長は「日本の農業は大きな転換点を迎えており、農作業機メーカーの取り組むべき課題も変化しており、変化に対応すべくデータに基づき最適な意思決定を支援する売上・予実管理が必要とされていた。今後は、意思決定プロセスのデジタル化をオラクルのSaaSを活用し推進していく」と話している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る