Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農場管理ソフトウェアの市場規模 2026年に42億米ドル到達を予測2021年4月20日

一覧へ

(株)グローバルインフォメーションは4月16日、市場調査レポート「農場管理ソフトウェアの世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):用途 (精密農業・畜産業・水産養殖業)・提供区分 (クラウド・オンプレミス・データアナリティクスサービス)・農場規模・生産計画・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を開始した。

農場管理ソフトウェアの市場規模 2026年に42億米ドル到達を予測

同レポートは、農場管理ソフトウェアの市場規模は、2021年の21億米ドルから年平均成長率(CAGR)は14.7%で成長し、2026年には42億米ドルに達すると予測している。

同市場の成長は、リアルタイムの農場データ管理におけるクラウドコンピューティングの導入と世界的な人口増加とそれに伴う食糧需要の増加、農業イノベーションに対する知的財産権の強化などの要因によってもたらされている。また、近代的な農業技術の導入を奨励する政府の支援や、農場の効率性を高めるための家畜の健康状態のモニタリングも、農場管理ソフトウェア市場の成長を後押ししている。

新型コロナウイルスの農場管理ソフトウェア市場への影響

農場管理ソフトウェア市場に関連する企業は、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他の各国に製造施設やコーポレートオフィスを持つ。これらの企業が製造する農場管理ソフトウェアは、様々な用途で複数のステークホルダーに購入されている。新型コロナウイルスは、農場管理ソフトウェアメーカー各社の経営に影響を与えただけでなく、そのサプライヤーや流通業者のビジネスにも影響を与えた。また、コロナ以前と比較して、輸出貨物が減少し、ソフトウェアへの需要の低迷も、短期的には市場にマイナスの影響を与え、停滞させると予想される。この市場の主要企業は、2020年上半期の農場管理ソフトウェアの受注において、パンデミックの影響を受けている。

牽引要因:農場データをリアルタイムで管理するための人工知能や機械学習の導入

農場管理ソフトウェア市場の成長は、農業活動の増加と意思決定のためのリアルタイムデータへの需要が大きく影響。人工知能と機械学習は、精密農業、家畜のモニタリング、魚の養殖、スマート温室の実践など、さまざまな農業アプリケーションで主流の技術となっており、ハードウェア機器や個人間でやり取りされるデータを管理し、農場管理プロセスを効率化する。

抑制要因:限られた発展途上国での技術知識や高度インフラ

農業従事者の中には、農場管理ソフトウェアの使用プロセスや農業データの取り扱い、意思決定への利用について理解することが困難な人もおり、これが農場管理ソフトウェア市場の成長を制限する要因となっている。農場管理ソフトウェアソリューションは、様々な農業活動のリアルタイムデータ分析に使用され、利益の増加と損失の減少を実現。農業経営において、農場管理ソフトウェアソリューションを使用するには、技術的な知識が必要となる。農業経営者や生産者がこれらのソフトウェアを効果的に使用するためには、プロセスを十分に理解している必要があるため、大多数の農家がこれらの農場管理ソフトウェアの導入に消極的になっている。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る