Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

木酢液市場 2027年に640万米ドル到達見込み2021年5月21日

一覧へ

(株)グローバルインフォメーションは5月19日、市場調査レポート「木酢液の世界市場:熱分解法(低速熱分解、高速熱分解、中間熱分解)、アプリケーション(農業、動物飼料、食品、医薬品、消費者製品など)別の市場機会分析および業界予測(2020年~2027年)」 (Allied Market Research) を発売した。

木酢液市場 2027年に640万米ドル到達見込み

木酢液市場は、2019年には450万米ドル、2020年から2027年までの年平均成長率(CAGR)は7.0%で成長し、2027年には640万米ドルに達すると予測されている。

新型コロナウイルスの発生は、木酢液の製造拠点であるアジア太平洋地域の工業生産活動を混乱させ、市場の成長を妨げまた。木酢液は、蒸留プロセスを用いて製造され、パイロリン酸または木酸としても知られている。木やその他のバイオマス物質から生成される濃い色の液体で、主成分は、メタノール、アセトン、酢酸と約70〜90%が水分で、一部に有機物が含まれている。木酢液は、肉や魚などの食品保存にも使われ、酢酸、メチルエチルエステル、アルコール、アルデヒド、ケトンなどの抗菌成分が含まれていることに起因する。

木酢液市場は、製造方法の技術的進歩やアジア太平洋地域での需要の増加など、多くの要因により大きな成長が見込まれている。また、木酢液は合成農薬や合成肥料の代替品として優れており、農業分野でも使われている。抗病原性真菌、植物成長促進剤、雑草成長抑制剤など、様々な用途に使用されているが、木酢液に関する認知度の低さが木酢液市場の成長を妨げている。

また、一部の地域ではバイオマス木材の燃焼が制限されていることも、木酢液市場の成長を制限している。一方で、抗寄生虫剤、抗菌剤、殺菌剤など、木酢液の用途の増加は、予測期間中に有利な機会を提供すると期待されている。

木酢液市場は、熱分解方法、用途、地域別に分類。熱分解方法では、市場は低速熱分解、高速熱分解、中間熱分解に分けられる。用途では、農業、動物飼料、食品、医薬品、消費者製品、その他に分類され、地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類。木酢液の市場シェアは、すべての地域とセグメントに分類されている。

木酢液の市場、熱分解方法別

熱分解方法別に見ると、2019年の木酢液市場では低速熱分解法が最も高いシェアを獲得。2019年には69.1%のシェアを獲得している。低速熱分解法では、木酢液として知られる有機酸を含む水性画分が大量に生成される。この方法は、他の方法よりも高い収率、必要な温度が比較的低いこと、低品質で不均一な原料を扱うことができる優れた能力など、様々な利点がある。

低速熱分解法の唯一の欠点は、プロセスにかかる時間。 また、低速熱分解法は、予測期間中に7.1%という最も速い成長率で伸びると予想されている。木酢液と低速熱分解法は、北米やヨーロッパでは木酢液の製造方法としてはあまり検討されておらず、アジア太平洋地域、特に東南アジア諸国では限られている。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る