Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界のバイオ肥料市場 2027年までCAGR11.6%で成長の見込み2021年7月20日

一覧へ

市場調査レポートプロバイダーのレポートオーシャンは7月17日、世界のバイオ肥料市場に関する新レポートを発行。2020年から2027年の予測期間に、11.6%以上の成長が見込まれている。

世界のバイオ肥料市場は、2019年には約21億米ドルとなり、2020年から2027年の予測期間には11.6%以上の成長率が見込まれている。

生きた微生物で構成されるバイオ肥料は、植物のさらなる成長のために栄養分の供給を増やすのに役立つ。バイオ肥料を種子や土壌、植物に与えることで、土壌中の窒素濃度を補正し、植物の適切な成長をサポート。世界のバイオ肥料市場は、新型コロナウイルスの影響で、様々な国で一時的に閉鎖されるという課題に直面した。米国政府は新型コロナウイルスの発生を受け、夏蒔きシーズンに農家が土壌の栄養素を利用できるようにするための計画や取り組みを導入。また、インドの化学肥料省は、肥料部門の改革と高成長を実現するためのロードマップを作成するチームを構成した。有機食品産業の成長、政府機関による取り組み、現代農業における持続可能性の必要性に関する意識の高まり、化学肥料の使用による危険性、牧場や個人農場におけるバイオ肥料の使用の増加などが、予測期間における市場の成長の要因となっている。

世界のバイオ肥料市場の地域分析は、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域について考察。北米は、消費者の間で有機食品が受け入れられていることから、世界でも有数の重要な地域となっている。一方、アジア太平洋地域は、2020年から2027年の予測期間において、最も高い成長率/CAGRを示すと予想されている。

同レポートに含まれる主な市場参加者は以下の通り。

ノボザイムズA/S
ナショナル・ファーティライザーズ・リミテッド
マドラス・ファーティライザーズ・リミテッド
グジャラート州肥料・化学品公社(Gujarat State Fertilizers & Chemicals Ltd.
ラシュトリヤ・ケミカル&ファーティライザーズ・リミテッド
ベガラブ S.A.
Chr.Hansen Holding A/S
キワバイオテック
リゾバクター・アルゼンチーナ S.A.
T.Stanes & Company Limited

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る