FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

有害鳥獣捕獲のプロが開発した穴掘り不要の新型くくり罠「TSJ」販売開始2022年3月1日

一覧へ

refactoryは、認定鳥獣捕獲等事業者のTSJが開発したイノシシの捕獲作業の効率化と捕獲率を上げる穴掘り不要の新型くくり罠「TSJ」を販売を始めた。

一般的なくくり罠(左)と新型くくり罠「TSJ」の設置状況一般的なくくり罠(左)と新型くくり罠「TSJ」の設置状況

農産物に被害を及ぼすイノシシを捕獲する際には、「くくり罠」と呼ばれる道具が広く使われている。獣道のなかでイノシシが足を置く場所を予測し、その場所にくくり罠を設置するもので、設置したくくり罠をイノシシが踏むと、罠が作動してワイヤーが締まり、イノシシの足を捉えるという仕組み。一般的なくくり罠は地面に穴を掘って設置しするが、くくり罠の大きさに応じて地面に穴を掘らなければならない。かなりの重労働となるため、穴掘り不要の新型くくり罠「TSJ」が開発された。

「TSJ」は、底面には地面に突き刺せるようにアンカーがついており、地面に差し込めば設置完了。穴掘りによる人間の痕跡が生じず、捕獲効率を向上させることができる。プレート部分に少しでもイノシシの体重がかかれば、アームに仕込まれたキックバネによって素早く罠が作動。軽い力で罠が作動するため、イノシシ以外の捕獲にも威力を発揮する。例えば、通常のニホンジカよりも体が一回り小さいキョンなども、罠が作動したものの逃げられてしまう"空ハジキ"が少なくなる。

アンカーを地面に差し込めば設置完了アンカーを地面に差し込めば設置完了

また、獲物を捕獲した後で反撃にあい、人身事故が発生するケースも毎年見られ、安全な処理のためには、捕獲した獣の動きをいかに制限できるかが重要になる。多く用いられるのは、捉えた足以外にも別の支点で獣の体を保定する方法。イノシシの場合は、足のほかに鼻も保定することによって、動きを大幅に制限させることができる。くくり罠「TSJ」は、専用のアタッチメントを取り付けることによって、鼻くくり罠としても機能。長棒を取り付けることによってイノシシの可動範囲外から鼻を捉えることが可能となる。

同製品の開発者でTSJの仲村篤志代表は、「くくり罠を開発するにあたり、気が遠くなるほどの試行錯誤を千葉県いすみ市の猟師永島さんや猟師工房代表原田さんと共に繰り返した。初心者でも簡単に捕獲できることと、プロが使っても納得の実績という2点を満たす最高峰のくくり罠です」とコメントしている。

長棒を取り付ければイノシシの可動範囲外から鼻を捉えられる長棒を取り付ければイノシシの可動範囲外から鼻を捉えられる

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る