人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

葉物野菜を揃えて自動計量 パック詰め時間が半減するハカリ「テーブルコンビpro」発売2022年3月3日

一覧へ

株式会社オーケープランニング(熊本市東区)は、パック詰め時間が半減し、人材不足を解消するハカリ「テーブルコンビpro」を販売開始。葉物野菜を揃えて自動計量できる。

「テーブルコンビpro」「テーブルコンビpro」

パック詰め事業者は慢性的な人材不足の問題が喫緊の課題になる中、同社は野菜のパック詰め作業を省力化する組み合わせハカリ「テーブルコンビ」を販売している。

1月に発売した「テーブルコンビpro」は、フレキシブル排出機構(特許第6818975号)を実装し、葉物野菜を揃えた状態で自動計量することで、計量包装作業の負担を半減。フレキシブル排出は、計量目標範囲内の組合せになった箇所のホッパーを、排出コンベアの搬送速度に合わせ、一塊になるように排出できる。

「テーブルコンビpro」は、1人で1時間当たり1200回の計量が可能で、これは手作業の5倍以上となり、計量ロスを5~10%削減することで利益率を大幅に改善する。主な計量対象物は、葉物野菜などの長物野菜でニラ、ほうれん草、小松菜、ネギ、アスパラガスなど。ミニトマト、枝豆、スナップエンドウ、オクラ、キノコ類など小粒野菜も計量できる。

掃除が簡単なので衛生的なのも特長で、汚れる箇所がワンタッチで取り外せるホッパー部のみで、脱着に要する時間が最短2分。軽量コンパクトボディは路線便で搬送できるため、センドバック方式のメンテナンスが可能。素早く安価で安心なメンテナンス体制を完備している。すでに植物工場や農業法人など幅広い企業での導入が決まっている。問い合わせは、(電話)096-273-9715、(FAX)050-3737-9599、(メール)ogawa@tablecombi.comへ。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る