左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
片倉コープアグリ:SP ペースト二段施肥
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

大阪府池田市の先進農福連携事業を支援 農業用ハウスの設計技術を活用 タカミヤ2023年9月13日

一覧へ

足場をはじめ仮設機材の総合プラットフォーマーであるタカミヤは、大阪府池田市で始まった先進農福連携事業において、農業用ハウスの設計技術を活用し、"スマート農業×農福連携"の普及に向けた支援を行う。

タカミヤが支援した農業用ハウスタカミヤが支援した農業用ハウス

大阪府池田市の市街化調整区域となっている細河地域は、植木の四大産地として栄えていたが、需要の減少や生産者の高齢化・担い手不足等により、耕作放棄地や資材置場等が増加していた。その対策として、池田市はAIやIoT技術を取り入れたスマート農業と農福連携を組み合わせた新たなビジネスモデルのスキーム構築を官民連携で実施。農園を横展開することで地域の活性に繋げる。

この取り組みにおいて同社は、群馬にあるクボタの実証ほ場「クボタインキュベーションファーム」でAIやロボティクスなど先端技術を有するパートナー企業(当社含む)と共に同事業に参加。クボタと協議を重ね同事業に最適なハウスを設計・施工した。

このハウスは、強度のある高張力パイプによって大きな空間を作るとともに、ハウスの棟部分に天窓を設置するなど、農作業をしやすく栽培に最適な環境を構築した。間口8メートル、奥行21メートルの2連棟の栽培環境の均一化が可能な連棟型パイプハウスで、ハウスの間の移動が省け、冷房や暖房の導入も可能。側面や谷部の巻上換気を取り入れ、換気効率を上げることができる。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る