人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【みどり戦略】静電噴口防除ロボットや水田除草機等の普及拡大 みのる産業2023年9月26日

一覧へ

みのる産業(岡山県赤磐市)は、農水省より「みどりの食料システム法に基づく基盤確立事業実施計画」として、昨年11月に認定され、実現に向け取り組んでいる。

水田除草機とポット成苗田植機、静電噴口防除ロボット水田除草機とポット成苗田植機、静電噴口防除ロボット

同社は、水稲の有機・無農薬栽培に適した「ポット苗」に対応したポット成苗田植機や、水田の物理的除草を高効率に行える除草機、さらに、開発中だった静電噴口防除ロボットも市販化され、普及拡大に取り組む。いずれもみどり投資促進税制の対象機械に追加された。製品の認知度向上に向けたPR活動を強化し、販売店との協力体制を構築する。

計画の実施期間は、2022(令和4)12月から2028(令和10)年3月。今回の認定を受けて同社は、製品パンフレットの作成や展示会への出展、全国各地の販売代理店との協力体制を強化する。水田除草機の普及地域の拡大に向けては、農業試験場やJA等に働きかける。また、静電噴口防除ロボットの効果を大きく広く周知するため、ホームページ等での情報発信を充実させる。

静電噴口防除ロボットは、レール走行式防除ロボット(ARS-20)に20頭口静電噴口(FSL-100)をセットすることで高軒高ハウスのハイワイヤー栽培に対応。噴霧高さは地上から最大で4.5m(ノズルの角度による)、ハウスの入口に当たらないよう、折り畳みが可能であり、全高は伸展時3.4m、折り畳み時2.5m。静電効果で付着率が向上するため、約30%の農薬使用量削減が期待できる。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る