左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

持続可能な地域農業の実現へ 豊橋市と連携協定締結 TOWING2024年2月6日

一覧へ

株式会社TOWINGと愛知県豊橋市は、地域農業の持続可能な発展と地域資源の循環による環境負荷低減を目的として、連携協定を締結した。同社と地域自治体との連携協定は全国で初めて。

協定締結式で「宙炭」を手にする豊橋市の浅井由崇市長(右)ろTOWINGの西田宏平代表取締役CEO協定締結式で「宙炭」を手にする豊橋市の浅井由崇市長(右)、TOWINGの西田宏平代表取締役CEO

今回の連携協定は、豊橋市が実施している「TOYOHASHI AGRI MEETUP」のアグリテックコンテストでTOWINGが入賞したことを縁に締結された。

同社が開発する「宙炭(そらたん)」は、未利用バイオマスを原料に、有機肥料の利用効率を向上でき、農地に炭素を固定できるなど、様々な機能を持つ土壌改良剤。同社と豊橋市は、2023年から宙炭の実証試験を進めており、市内生産者やJAとの実証の中で、宙炭の農地への施用が一定以上の成果を収めた。2024年には前年実証を行なった10以上の農地で継続実施と、新たに5件の新規実証を予定している。こうした背景のもと、両者は、地域における未利用バイオマスの活用と、それらからつくられた高機能バイオ炭による持続可能な地域農業の実現を目指す。

◎連携協定内容
・地域で課題となっている未利用バイオマス(もみ殻、畜糞堆肥、果樹等の剪定枝、植物残渣等)の活用促進

・前号のバイオマスからつくられた地域農業の持続可能な発展に資する土壌改良剤の活用促進

・農業集落排水施設等からの汚泥を原料とした土壌改良剤の地域農業への活用及び効果検証

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る