人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

ポットカーネーション「セレナーデ」ピンク系新品種を発売 サカタのタネ2024年4月23日

一覧へ

サカタのタネは、ポットカーネーション「セレナーデ」を開発し、母の日など贈り物需要に向けて、目を引く鮮やかなピンク系の新品種を発売。鉢物の流通を4月下旬から開始する。

ピンク系新品種のポットカーネーション「セレナーデ」ピンク系新品種のポットカーネーション「セレナーデ」

「セレナーデ」は、鮮やかな濃いピンク色が特長で、花径3~4cm、4寸鉢(直径12cm)~5寸鉢(同15cm)栽培向きの品種。花付きがよく、窓辺の明るい室内でも次々と咲くため、一般消費者も育てやすく長く花を楽しめる。

同品種は生産者にもメリットのある品種。ポットカーネーションは、栽培時期が秋~春の低温期に当たり、低温下では生育や開花が遅れてしまうため、通常は、暖房機器でハウス内の温度を上げて生育・開花を促進する。一方、「セレナーデ」は、低温・低日照下でも成長し、重油代などのエネルギー・コスト削減にもつながる。

カーネーションは母の日の需要期に向けて開花のそろいが重要で、開花の遅れは廃棄にもつながるが、「セレナーデ」は一斉開花性に優れ、需要期に向けて鉢物を安定出荷が可能。株のボリューム感、花付きにも優れ、贈り物として店頭での見栄えもよい。

セレナーデは、「夕暮れどきに、歌を奏でて恋人に思いを伝える」という意味を持つことから、花を通じて親しい人に日頃の感謝の気持ちを伝えてもらいたい、という思いを込めて「セレナーデ」と命名した。

ポットカーネーション「セレナーデ」の想定小売価格は、5寸鉢が3000円台後半、4寸鉢が3000円前後。全国の園芸店、ホームセンター、ネット通販などで販売。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る