人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

大輪フリンジ八重咲きトルコギキョウ「ボヤージュ」シリーズ新品種発売 サカタのタネ2024年7月11日

一覧へ

サカタのタネは、トルコギキョウ「ボヤージュ」シリーズに、濃ピンク系の新品種「ボヤージュ(2型)ホットピンク」と「同(2型)チェリーピンク」を追加。営利生産者向けの種子を11月上旬から発売する。

濃ピンク系の新品種「ボヤージュ(2型)ホットピンク」(左)と「同(2型)チェリーピンク」濃ピンク系の新品種「ボヤージュ(2型)ホットピンク」(左)と「同(2型)チェリーピンク」

「ボヤージュ(2型)ホットピンク」は、落ち着いた濃いピンクの花色で、特に寒冷地の夏から秋出荷に向く品種。秋出荷では高温期の栽培となるため、草丈がとりにくい、花弁数が少なくなりやすいなど、高品質な切り花の生産が難しい時期だが、この品種は高温環境下でも十分な草丈、枝数、花の大きさで出荷できる。さらに、花弁数が多く、フリンジや花弁の巻きもよく、立体的な花形が特長。同品種は第68回全日本花卉品種審査会ユーストマ(秋出し)で1等特別賞を受賞している。

「同(2型)チェリーピンク」は、ホットピンクよりも少し赤みがかった濃いピンクの花色で、特に温暖地の年内出荷に向く品種。同品種も花弁数が多く、フリンジや花弁の巻きもよい。定植後のチップバーン(葉先が枯れる生理障害)や、冬場の低日照によるブラスチング(花芽の生育が止まる生理障害)が発生しづらく、切り花の安定供給に貢献する。

「ボヤージュ」は、冠婚葬祭需要が高い大輪フリンジ八重咲きのシリーズ。トルコギキョウではピンク系が重要色の一つとされ、特にライトピンク系の需要が多数を占めているが、近年のブライダルの多様化や、葬祭スタイルの変化、色が細分化されることの多い推し活向けの花需要の高まりから、濃ピンク系の需要拡大を見込んでいる。

両品種の価格は、それぞれペレット種子1袋1000粒入りで6600円(税込)。全国の種苗店、JAルートを通じて販売。

おすすめ出荷時期おすすめ出荷時期

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る