野菜・果物 ニュース詳細

2014.11.18 
キャベツ、ダイコンなど前年価格下回る一覧へ

第2回野菜需給協議会で見通し確認

 生産者、流通業者、消費者など野菜にかかわる関係者が一堂に会する「平成26年度第2回野菜需給協議会」が11月13日に開催され、「26年度産秋冬野菜の需給・価格の見通し」などを確認した。

 主な秋冬野菜の価格の見通しは以下の通り。

【冬キャベツ】
 順調な出荷となり、11月から3月の期間では、低温などの影響で高かった前年を下回る見込み。

【秋冬ダイコン】
 台風の影響が軽微だったことから、期間を通じて順調な出荷となり、11月から3月の期間で価格は前年を下回る見込み。

【タマネギ】
 北海道産が順調に生育したことから、期間を通じて順調な出荷となり、11月から4月の期間で、小玉傾向で出荷が少なく高かった前年を下回る見込み。

【冬ニンジン】
 台風の影響が軽微だったので、期間を通じて順調な出荷となり、11月から3月の期間で、少雨などの影響で高かった前年を下回る見込み。

【秋冬ハクサイ】
 台風の影響が軽微だったので、期間を通じて順調な出荷となり、11月から1月は、低温などの影響で高かった前年を下回り、2月および3月は平年並みととなった前年並みの見込み。

【冬レタス】
 順調な出荷となり、11月および12月は低温などの影響で高かった前年を下回り、1月から3月は前年並みの見込み。

 また、出席者からは以下のような発言があったという。
○量販店などでカット野菜が販売されているが、多様な需要に応える観点から、例えば、ミニハクサイなど包丁をいれないで鮮度が高い野菜をもっと増やしてほしい。
○価格が高い時には、規格外品をもっと販売してもいいのではないか。トマトやナスは多少傷があっても問題ない。
○国産カット野菜のさらなる安全性の確保と品質の保持の向上を。
○消費者に対して、新しい野菜などの情報提供の充実を。

(関連記事)

食育ソムリエ養成講座 第20期生を募集中(2014.11.17)

百姓たちが時代を創る 茨城のJA青年部から―仲間とスクラムで地域農業守る(2014.11.14)

うどんこ病、ハダニ類に注意 病害虫発生予報(2014.11.14)

機能性野菜が充実 タキイ種苗が新品種説明会(2014.11.13)

野菜相場低迷で「生産者応援セール」 コープネット(2014.11.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ