農薬 ニュース詳細

2014.11.14 
うどんこ病、ハダニ類に注意 病害虫発生予報一覧へ

 農水省は11月13日、「病害虫発生予報第9号」を出した。野菜・果実でうどんこ病、ハダニ類の発生が多くなるとして注意を呼びかけている。

【水稲】
 26年産では一部の地域でイネいもち病が発生した。いもち病が発生したほ場の稲わらは次シーズンの伝染源となるため、育苗ハウスに持ち込まないよう注意を喚起している。また、ヒメトビウンカが発生したほ場では、伝染源となる再生株の速やかなすき込みと、周辺の雑草除去に努めるよう呼びかけている。

【野菜・花き】
 キュウリでべと病、うどんこ病、イチゴでうどんこ病、ハダニ類の発生が多いと予想されている。早期発見と適切な防除を呼びかけている。
 そのほか、発生が多い、やや多いと予測される病害は下表の通り。

野菜・花きの病害虫


【果樹・茶】
 カンキツ類で、ミカンハダニの発生が多いと予想しており、園内の観察をきめ細かく行うよう注意している。
 そのほか、発生が多い、やや多いと予測される病害は下表の通り。

果樹・茶の病害虫

 

(関連記事)

果樹カメムシ類の飛来に注意 病害虫発生予報(2014.10.17)

トビイロウンカ、果樹カメムシ類が多い予報(2014.09.22)

【現場で役立つ農薬の基礎知識 2014】[12]秋冬期に発生する施設栽培トマトの病害虫防除(2014.08.25)

26年産米1等比率77% 7月末現在(2014.08.21)

【現場で役立つ農薬の基礎知識 2014】[11]秋冬野菜の病害虫防除(2014.08.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ