米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.08.21 
26年産米1等比率77% 7月末現在一覧へ

 農林水産省は26年産米の検査結果(7月31日現在)を8月20日公表した。

 7月31日現在で米の検査が実施されているのは、徳島、高知、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の各県。検査数量は水稲うるち玄米で1万2200t、水稲もち玄米は11tとなっている。
 1等比率は77%となった。同時期の1等比率は25年産64.7%、24年産66%、23年産57.7%だった。
 2等以下に格付けされたおもな理由は着色粒(カメムシ類)31.2%、整粒不足28.8%、充実度25.0%などとなっている。


(関連記事)

【JA全農がめざすもの】第2回生産資材事業の重点課題 安田忠孝・生産資材部長インタビュー(2014.07.25)

【JA全農がめざすもの】第2回生産資材事業の重点課題 天野徹夫・肥料農薬部長インタビュ(2014.07.24)

ごはんを食べる女性は健康 JA全農が調査(2014.07.18)

金芽米の生産・販売量が大幅増伸 東洋ライス(2014.07.08)

コメ直接支払1559億円 前年度とほぼ同額(2014.07.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ