左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

金芽米の生産・販売量が大幅増伸 東洋ライス2014年7月8日

一覧へ

 東洋ライス(株)(本社:東京都中央区、雑賀慶二社長)は7月4日、東京本社で平成26年3月期(第53期・平成25年4月1日?平成26年3月31日)決算を発表した。

東洋ライス雑賀慶二社長 第53期は、平成25年3月1日に前身である(株)東洋精米機製作所とトーヨーライス(株)が合併し、東洋ライス(株)が発足してから、実質的には最初の事業年度となる。
 金芽米は、美味しさと健康効果が、消費者に広く認知され、コメ関連業界にさまざまな変革をもたらした。
 平成26年1?4月の金芽米の生産量は1万8000t以上で、前年同月比の約5.5倍となった。日本の米消費量が減少を続ける中で、金芽米は生産・販売量を大きく伸ばしている。
 平成26年3月期決算では、売上高は、(前年同期比19.5%増)の97億200万円、経常利益は(同28%増)14億1700万円、営業利益は10億8700万円、当期純利益は11億6300万円となった。
 また前年度からの新事業として、同社所有の遊休地および遊休資金を活用した太陽光発電事業(総出力規模2.1MW)も各地で順調に設置・稼働が進み、当期は約2200万円の収入となった。今期は太陽光発電事業だけで年間1億円の収入を見込んでいる。
 金芽米部門では、(株)タニタとのコラボ商品である「タニタ食堂の金芽米」、「タニタ食堂の金芽米ごはん」を中心に金芽米の生産量を大きく増加させた。
 また、昨年11月には(株)プレナスが運営する「ほっともっと」「やよい軒」「MKレストラン」で金芽米が全面採用されたことで、全国での販路が拡大、金芽米ブランドの商標使用権も新たな収入源として加わった。
 金芽米生産量の増加および高収益をもたらしたのは、昨年稼働した大阪府田尻町の「超高効率東洋ライスリンクウ工場」の果たした役割が大きい。同工場は製品歩留率が従来より高く、また工場人員が2名(通常の8分の1)、エネルギー消費率は従来の5分の2という低コスト化により、利益率向上に繋がった。
 さらに(株)神明精米よりBG無洗米装置を含めた精米プラントすべてを受注したほか、大和産業(株)からBG無洗米装置の増設を受注するなど、BG無洗米加工部門、精米機器製造販売部門も堅調に推移した。
 平成27年3月期の展望として、金芽米は、健康増進に貢献できる機能性食品でもあることから、今後は精米・ご飯以外の分野や加工原料としての販路拡大に向け、注力していく。また海外の富裕層需要開拓に向け、米国や東南アジアでの金芽米の取扱い拡大と定着を目指していく。

(写真)
東洋ライス雑賀慶二社長


(関連記事)

金芽米でコメ農業活性化 生産量が5.5倍に(2014.06.04)

和食で生活習慣病予防 金芽米の効果も報告(2014.04.17)

金芽米消費量急増 前年比200%の伸び(2014.02.17)

東洋ライス、子どもの農業体験で表彰(2014.02.05)

「金芽米」沖縄で売れ行き急増 東洋ライス(2014.01.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る