左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ごはんを食べる女性は健康 JA全農が調査2014年7月18日

一覧へ

 「ごはんをしっかり食べる人ほど、健康で、体型を維持している」。JA全農は、全国の20?30代の女性を対象にしたアンケート結果を公表した。

 このアンケートは、とくに米の摂取頻度が低い20?30代女性に、米に対する正しい理解やごはん食の良さを知ってもらおうと企画。インターネットを使い、ごはんをほぼ毎日食べる人(1週間6?7食以上)、ほどほど食べる人(同3?5食程度)、ほとんど食べない人(同2食以下)、それぞれ200人ずつ計600人の意見をまとめた。
 ごはんは美容に良いと思うか、との質問には、ほぼ毎日食べる人の約7割が「そう思う」と答えた一方、ほとんど食べない人で「そう思う」と答えた人は4割以下となり、ごはんをほとんど食べない人は、ごはんが美容に良いと考えている人が少ないとの傾向が分かった。

あなたは、お米を食べることは美容に良いと思いますか?


 しかし、600人中479人と、約8割がダイエット経験者だったが、このうち、ごはんを毎日食べる人のダイエット経験回数は「2?3回」が最多だったのに対し、ほとんど食べない人は「11回以上」が最多となっており、ほとんど食べない人の方が健康管理がうまくできていない傾向にあることが分かった。
 ダイエット経験者のうち、炭水化物を取らないダイエットを経験したことがある人は約6割の272人だったが、その4人に3人が「体調や肌の調子が悪くなった」など体に不調が出たと回答していた。

炭水化物抜きダイエットをしたことがありますか(左)、炭水化物抜きダイエットに関する効果をおしえてください

 また、半年前と現在で体重がほとんど変わらない人は全体の約半数となる310人だったが、この内訳は、ごはんをほぼ毎日食べる人が4割ほどあった一方で、ほとんど食べない人は3割以下となり、ごはんを毎日食べる人ほど健康的に体型を維持している傾向が強かった。


 このアンケート結果について、『キレイに痩せたきゃ炭水化物を食べなさい』などの著書や、食品メーカーのコンサル、飲食店のプロデュースなどで有名な管理栄養士の柴田真希さんは、「ダイエットをするときに、単にカロリーカットをするのではなく、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなどそれぞれのバランスをしっかり整えることが重要。お米は炭水化物の中でも燃えやすく、体を温めることができ、パンや麺と比べて脂質が少ないうえにアミノ酸バランスが良いため、食べたからといって太ることはない。お米を無理して抜いてダイエットするのではなく、しっかり食べることでカラダの中からキレイになることができる」とコメントしている。


(関連記事)

金芽米の生産・販売量が大幅増伸 東洋ライス(2014.07.08)

米の購入、「ネット・通販」が大幅増(2014.06.30)

【JA全農がめざすもの】第1回 米の販売戦略 岩城晴哉・JA全農常務理事インタビュー (14.06.24)

広報活動強化、コメ消費拡大に注力 全米販(2014.06.16)

ごはん食の大切さ、受け継いで JA全中が表彰(2014.01.10)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る