Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

高い技術を競う JA全農が乾椎茸品評会2015年6月10日

一覧へ

 JA全農は6月16日、石川県金沢市で第48回全農椎茸品評会を開く。第54回農林水産祭で、農林水産大臣賞をはじめ受賞した約70点など、全国から優れた乾シイタケが一堂に会し、高度な栽培技術の成果を競う。

 品評会では「今こそ植菌を増やし、日本産原木シイタケの生産拡大をはかろう」をスローガンにかかげて、原木シイタケ栽培が環境保全型の農業であるというメッセージを全国に発信する。
 なお、国産乾シイタケは、原発事故による放射能洩れの影響で、生産量、取引価格ともに大きく減少。植菌も減少し、天候の影響もあって、今年の生産量は昨年の3100tから2100tへ大幅に落ち込んだ。
 品評会の会場は地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目1番地)。問い合わせはJA全農麦類農産部椎茸事業所(TEL:0480‐23‐4520)。

(関連記事)

取扱高4兆8500億円、経常利益89億円 JA全農 (15.06.03)

JA全農とABCクッキングスタジオが連携 調印式 (15.06.02)

ABC Cooking Studioと地産地消などで連携 JA全農 (15.05.26)

アキバでふくしま応援産直フェア JA全農福島他 (2015.05.15)

「銀河浪漫」錦糸町店オープン JA全農 (2015.05.12)

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る