左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ABC Cooking Studioと地産地消などで連携 JA全農2015年5月26日

一覧へ

 JA全農は、(株)ABC Cooking Studio(以下、ABC)と「地産池消」「国産食材の多様な利用」の促進について、相互に連携した取り組みを進めることで合意し、5月31日に調印式および連携発表イベントを開催する。

 この連携によって、ABCは全国135カ所(北海道から沖縄まで)のABC料理教室を展開しているが、この料理教室へJAグループ直売所等から地産食材の供給を段階的に拡大することや、旬の地産食材を使用した「地産消消1dayレッスン」の開催、おコメを使った新しいレシピの開発・普及などに着手していくことにしている。
 5月31日の調印式およびイベント内容は以下の通り。

◎日時:5月31日(日)11:00?12:30(閉場13:30)
◎場所:ABC丸の内グランド(千代田区丸の内3-1-1 国際ビルヂングB2)
◎スケジュール
 1)連携発表と調印式
  櫻井稚子ABC社長、神出元一JA全農専務
 2)地産消消レッスン&試食
  八王子産「豚肉」(TOKYO X)、パッションフルーツ
  世田谷産「いちご」「アイスプラント」
  を使用したデモンストレーション料理
 3)お米の多様な利用につながる新レシピ紹介と試食
 4)東京産農畜産物による「みのりみのるマルシェ」
  JA東京中央、JA八王子協賛による産地直送マルシェ。新鮮な野菜、乳製品、加工品などの紹介・販売

 

(関連記事)

アキバでふくしま応援産直フェア JA全農福島他 (2015.05.15)

「銀河浪漫」錦糸町店オープン JA全農 (2015.05.12)

担い手への定期訪問 着実に定着 JA全農 (2015.05.11)

「ひろがれ弁当の日」参加者募集 JA全農 (2015.05.08)

JA全農がチビリンピックに今年も特別協賛 (2015.04.27)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る