左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「サラダ白書2015」 サラダクラブ2015年8月28日

一覧へ

 サラダクラブは8月27日、野菜に関するアンケート調査をまとめた「サラダ白書2015」の発表会をアルカナ東京(東京都千代田区)で行った。今回は「野菜と健康、ケールについて」の調査を行った。

パッケージサラダ 「サラダ白書」は野菜の日(8月31日)に合わせて、その年ごとのテーマとパッケージサラダの認知等についての調査を行うもの。
 「サラダ白書2015」は、野菜と健康、ケールの摂取意向について、全国の20~69歳の男女2055人にWEBアンケートで調査した。


◆生野菜、9割が摂取したい

 健康に気を使ってる人は全体の7割。
 野菜を取ったほうがよいと感じている人は98.7%で、高年代や女性の回答が多かった。
 しかし野菜不足を感じている人は63.4%もいる。野菜を摂取しない理由で最も高いのは、「野菜の価格が高い」だった。次いで「食べきれない」や「保管がかさばる」といった内容が続いた。
 野菜の代わりとして、出来合いのサラダや野菜ジュースを摂取している人が20~30代の男女や有職者に多かった。
 生野菜を摂取したいと考えている人は92.9%で、「体によい」、「栄養素が損なわれない」、「歯ごたえ」、「季節感」などといったメリットを感じていた。


◆パッケージサラダはリピート率高い

 サラダのトッピングで利用するのは、上位から「ゆでたまご」「ハム」「ツナ」などがつづき、よく食べるサラダではグリーンサラダが71.6%で1位、次はポテトサラダで49.7%だった。
 パッケージサラダを利用したことがある人は55.8%と過半数を超え、そのうち月2回以上利用する人が50%とリピート率が高い傾向がある。昨年と比べると、男女ともに40代以上の利用経験率は上昇している。利用頻度で最も多いのは「月に2~3回」で、週3回以上利用する人も増加傾向にある。
 パッケージサラダを選ぶとき、最も重視するのは「品質」。60代では日持ちなどに関しても重視する傾向があった。
 パッケージサラダを利用したくない理由として「割高で不経済」が53.7%と最も高く、次いで「不安」が35.6%、「不衛生に感じる」が25.4%だった。これらの意見は男性より女性が多い傾向があった。


◆野菜の王様「ケール」

 ケールは食物繊維やビタミン、カルシウムが豊富で、栄養価の高いスーパーフードとしても認知されている。
 ケールに興味を持っている人は3割いる中、実際に摂取しているのは3.2%とわずか。
 食物繊維やビタミンを野菜で取りたいと思っているのは、女性の50~60代が多かった。


◆サラダ作るには、顔見える信頼関係が重要

 パッケージサラダに使われる野菜の生産者は、どのように決められているのか。
 サラダクラブによると、「種まき前から契約を交わし、打ち合わせを重ねている。また、工場の基準と生産物をすり合わせていき、具体的な出荷量や、数量を生産者と詰めていく」という。
 特にキャベツやレタスは主力商品で、生産物の大きさや収穫後の温度帯などについても話し合っている。
 契約を交わすうえで、一番大事なのは「信用」だ、という。数や単価より人間性を確かめ、互いの「顔の見える信頼関係」の構築を大切にしている。信用ができれば話し合いができるし、企画などに発展がうまれていく。「会話ができることが重要」だという。

(写真)多くの種類があるパッケージサラダ

(関連記事)

抗酸化成分豊富なケールを使ったランチコース サラダクラブ(15.08.28)

スマホで「野菜たっぷりレシピ」閲覧 株式会社サラダクラブ(15.07.13)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る