左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

抗アレルギー作用ある機能性表示食品「べにふうき」緑茶発売2015年9月17日

一覧へ

 農研機構とJAかごしま茶業(株)が共同で研究を行った、メチル化カテキンを含む緑茶「べにふうき」が、機能性表示食品として消費庁に認められた。同商品は9月15日から発売される。

べにふうき緑茶 機能性表示食品制度は今年4月から始まった制度で、食品の機能性などを科学的根拠に基づき消費者庁に届けることで、事業者の責任で機能性に関する表示が可能となったもの。
 メチル化カテキンは、1日34mg以上摂取することでアレルギー性鼻炎に対する抗アレルギー作用を持つことが分かっている。農研機構とJAかごしま茶業は2004年から共同で、「べにふうき」緑茶の栽培法や、メチル化カテキンの含有量を一定範囲内に抑える生産工程管理法などを開発していた。
 今回発売される「べにふうき緑茶」には、一日摂取目安量の3包に34mg/9g(抽出後)含まれている。
 ハウスダストやほこりなどが原因で、目や鼻に不快感を抱く成人に向け、1袋21包入(7日分)、648円で発売する。
(写真)「べにふうき」緑茶

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る