野菜・果物 ニュース詳細

2016.01.21 
サツマイモ「シルクスイート」好評 カネコ種苗見本市一覧へ

 カネコ種苗(株)は1月20日と21日、東京都内で総合卸見本市の「カネコ種苗 Garden & Agri Fair 2016」を開いた。

 このフェアは今回で40回目。種苗店などの関係者が前年並みの3600人ほど来場したと予想される。会場では野菜品種の試食がふるまわれた他、180社が協賛出店した。

◆冷めてもしっとり


「シルクスイート」に興味を持つ来場者 同社オリジナル品種のサツマイモ「シルクスイート」は、蒸したり焼いたりした後に時間が経過してもパサつかずにしっとりとした食感が続き、甘い。ウイルスフリー切苗やウイルスフリーポット苗で発売されている。「シルクスイート」のしっとり感は試食で他の品種のサツマイモと食べ比べでき、来場者はその違いに関心を寄せていた。
 その他、硝酸濃度が少なく生食できるホウレンソウの「ハンター」やカロテンが一般品種より1.3~1.4倍含まれるニンジン「ひとみ五寸」、大玉でトマト黄化葉巻病に強いトマト「TY秀福」、ミニトマト「イエローミミ」などが展示された。

◆家庭園芸だから楽しめる品種を


キュウリ「うどんこつよし」 一般の家庭園芸向けブランド「J.garden(ジェイガーデン)」は「初心者でも取り組みやすい」ことをコンセプトに展開している。
 キュウリ「うどんこつよし」は名前の通り、うどんこ病に悩んだことのある人向け。うどんこ病の原因物質が入る葉の層が厚いため、うどんこ病になりにくく、かかったとしても広がりにくい。
 その他、パプリカの苗なども展示。赤や黄に色づくパプリカは緑色の果実ができてから60日近く待たなければならず、慣れていないと腐らせてしまうことがある。それを改良したのが「鈴なりパプリカ」の「りんりん」「らんらん」。果実のサイズが小さいため通常の品種より1カ月早く色づいたパプリカを収穫できる。また1株から100個も収穫でき、「ご近所に配るのも大変になってきた」という利用者もいるほど。その他に1株から時間経過とともに3色のパプリカを楽しむことができる「太陽のパプリカ」も人気。
 ナスの「超やわらかナス」は家庭園芸だからこそ楽しめる品種。皮がやわらかく輸送向けでないため一般ではあまり流通していないという。採ってすぐに食べることができる家庭だからこそ楽しめる品種で、採れたナスで作ったマーボーナスのナスはとろけるという。

◆農作業の手間減らす

フェアの様子、同社オリジナル品種ヤマノイモ「ネバリスター」 表面をポリウレタン樹脂でコーティングし、作物を育てる期間効果を示す元肥一発肥料「ベストマッチ」。追肥は不要で作物別に銘柄がある。
 緑肥作物や飼料作物、養液栽培にも力を入れており、養液栽培プラントの展示には多くの来場者が集まっていた。
 その他、協賛出店しているアリスタ ライフサイエンス(株)による天敵防除の実演や講習会も開かれた。
(写真)「シルクスイート」に興味を持つ来場者、キュウリ「うどんこつよし」、フェアの様子、同社オリジナル品種ヤマノイモ「ネバリスター」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ