左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

花もちがよい 世界初 無花粉のトルコギキョウ サカタのタネ2016年7月11日

一覧へ

 (株)サカタのタネは世界初となる無花粉タイプのトルコギキョウを開発した。雄しべが不完全なため花粉が発生しない。2017年秋の種苗の試験販売を予定している。

花もちがよい 世界初 無花粉のトルコギキョウ サカタのタネ 受粉すると花の老化が進むといわれているが、雄しべが不完全なため花もちの低下が起きにくい。また輸送時の揺れなどで花粉が飛散しないため、花が花粉で汚れない。
 これまでに無花粉タイプのユリやヒマワリなどがあったが、トルコギキョウでは世界で初めて。花の観賞期間が従来より7日程度長くなることが確認されている。
(写真)左上は無花粉タイプ 一重咲きホワイト、右も同 ブルーピコティーとピンクピコティー、左下は従来品種

(サカタのタネの関連記事)
レモン色のヒマワリ 「ビンセント(2型)クリアレモン」 (16.07.06)

ハクサイ・コマツナの新品種 7月上旬から発売開始 サカタのタネ (16.06.22)

横浜ランドマークタワーで緑化に係る包括提携に合意 三菱地所・サカタのタネ (16.06.21)

ガクアジサイ新品種 5月下旬受注開始 サカタのタネ (16.05.27)

SNSで話題! 「育てるサラダ」にヤクミ登場 (16.05.17)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る