人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

血糖値上昇抑制 食べる30分前に野菜ジュース2016年9月7日

一覧へ

 カゴメ(株)はこのほど、食前に野菜ジュースを飲むと、食後の血糖値の上昇抑制効果が、食前に野菜を食べるときと同等であることを、ヒト試験で明らかにした。また野菜ジュースは食事の30分前に摂取した場合が一番効果が高いこともわかった。

血糖値上昇抑制 食べる30分前に野菜ジュース これまで、野菜には血糖値の上昇を抑える食物繊維などの成分が含まれ、食前の野菜摂取などで食後の血糖値上昇が穏やかになることがわかっていた。そこで同社は、野菜サラダや野菜ジュースを食前に摂取した場合の違いや効果的なタイミングをまとめた。
 25歳から50歳未満の成人男女24人に対し、「白米摂取10分前、20分前に野菜サラダ」「同時間帯に野菜ジュース」「白米摂取30分前に水(コントロール)」を摂取させ、食後の血糖値の違いを調べた。
 結果、白米摂取前に野菜サラダや野菜ジュースを摂取すると食後の血糖値の上昇が抑えられることがわかった(図)。また10分前より30分前の野菜ジュースの摂取が最も効果が高いことが分かった。
 サラダとジュースを摂取した際の食後血糖値推移が違うのは、それぞれの食品による血糖値上昇抑制のメカニズムの違いによるものでは、と同社は分析している。

(関連記事)
朝はトマトジュースを ヒト試験で明らかに (16.08.30)

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る