想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

京都・都野菜加茂で京丹後産「ファイトリッチ」野菜を提供 タキイ種苗2018年11月13日

一覧へ

 タキイ種苗(株)は11月19日から12月9日の期間限定で、京丹後産で機能性成分を豊富に含む「ファイトリッチ」野菜8品種以上を、京都の「都(みやこ)野菜 加茂(全店舗)」で提供する。

 今回提供する野菜は、日本海の潮風により運ばれるミネラルたっぷりの土壌である京都府北部の京丹後市で栽培されている。地元産の堆肥をできるだけ使用することで、栄養がいきわたった土となり、温泉質の土壌や牡蠣(かき)殻を使用した畑作りなど生産者の工夫によりおいしい野菜が栽培されている。
 「ファイトリッチ」シリーズはタキイ種苗が約25年前に研究プロジェクトをスタートさせた健康維持機能をもつ成分を多く含み、なおかつ食味にすぐれた「機能性野菜」のこと。2010年に7品目からスタートし、現在は20品種に品目・品種を充実させている。
 京丹後市で栽培された「ファイトリッチ」野菜を京都の「都野菜 加茂」の四条鳥丸本店・河原町店・京都駅前店の3店舗で11月19日(月)~12月9日(日)の期間、畑バー(サラダバー)で常時8品種以上を提供する。

(関連記事)
ラディッシュの新品種「ニューコメット」発売 タキイ種苗(18.09.14)
ダイコン新品種「冬神楽」発売 タキイ種苗(18.08.06)
機能性アップ「ファイトリッチ」を積極普及 タキイ(17.01.30)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る