野菜・果物 ニュース詳細

2019.02.06 
カンショ収穫量1%減 農水省統計一覧へ

 農水省は2月5日、平成30年産カンショの作付面積と出荷量の調査結果を発表した。

 全国の作付け面積は3万5700haで、前年産に比べて100ha増加した。10aあたり収量は2230kgで前年産に比べて40kg減と2%下回り、10aあたり平均収量対比でも3%減だった。
 収穫量は79万6500tで前年産に比べて1万600t(1%)減った。

 

(関連記事)
糖度の高い紫サツマイモ新品種「ふくむらさき」 農研機構(18.11.16)
砂糖調整基準価格15万3200円に 農水省(18.09.18)
【JA新代表に聞く】第3回 根本作左衛門・JA稲敷代表理事組合長(18.06.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ