左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ホワイトデーで花きの消費拡大 農水省「花いっぱいプロジェクト」2020年3月6日

一覧へ

 農林水産省は、新型コロナウイルスの影響で需要が減少している花きの消費拡大を図るため、家庭や職場に春の花を飾って楽しむ「花いっぱいプロジェクト」を3月14日のホワイトデーを目前にした3月6日から始めた。

「ホワイトデー」ホワイトデー「花いっぱいプロジェクト」


 例年3月は、卒業式や送別会などの各種イベントや、お彼岸需要により花きの需要が最も高まる時期のひとつだが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、卒業式や各種イベントが中止されることなどから、最大の需要期に向けて生産された花きの価格が下落している。

 このため、農水省では、「花いっぱいプロジェクト」で、家庭や職場に花を飾ることや、花の購入を促す取り組みを行うこととした。

「生花のコサージュ」 取り組みの内容は次のとおり。
▽フラワーバレンタインの取り組みの一環として、ホワイトデーに花を贈る花き購入施策を推進する。
▽胸ポケットに生花のコサージュを挿す取り組みを推進する。
▽イベントなどの開催自粛で余剰になった花を産地の生産者と連携して販売する。
▽農林水産省公式Facebook、Twtter、BUZZ MAFFなどを通じた「今週の花」発信や、家庭、職場などでの"花飾り"や"花贈り"の事例の紹介や同省庁舎内などの"花飾り"を行う。
▽地方公共団体、関係団体に、庁舎内や職場などでの"花飾り"や公共スペースでの花展示などを呼びかける。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る