想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:モーティブ
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ぶどう」事業本格展開 GREENCOLLAR2020年9月24日

一覧へ

三井不動産初の社内ベンチャー・(株)GREENCOLLAR(東京都中央区、大場修、小泉慎、鈴木裕介3社長)は9月18日、世界でオンリーワンの生食用ぶどうカンパニーをめざして本格始動したと発表した。

GREENCOLLAR 第1号圃場GREENCOLLAR 第1号圃場

ぶどうを核とした事業戦略を描いたもので、山梨県北杜市に大規模な生産用地をすでに確保済み。

「GREENCOLLAR第1号圃場」と名付けた用地面積は約4ha(生産面積は約2.2ha)で、今年12月には大規模なぶどう棚を完成させる予定。来春には生産パートナーの葡萄専心(株)(山梨県笛吹市、樋口哲也社長)のほ場に現在仮植え中のシャインマスカットの苗木約400本を移植する予定で、2023年8月の初収穫を見込んでいる。

広大な生産用地を使った様々な営みも予定し、体験型農業イベントの実施や就農検討者向けインターンシップの受け入れなどが考えられている。大学や企業に研修場所としての利用を促したりもする。

日本品種のぶどうを、日本の技術を使って、日本とニュージーランドで育てる事業にも取り組む。葡萄専心が生産したシャインマスカット「表旬」を、地球の裏側にあるニュージーランドで「裏旬」として生育し、1年に2回の旬を持つブドウとして新たな味わい方を提案していく。

自社のぶどうにとらわれず、国産農産物の海外輸出の支援も行う。インドネシア、タイ、フィリピンで販売シェアナンバーワンを誇る(株)日本農業(東京都品川区、内藤祥平社長)と共同で行うもので、アジア圏での生食用ぶどうの販売について双方の間で基本協定書も交わした。

ぶどう生産にICT技術も流用していく。NECソリューション(東京都江東区、杉山清社長)との提携も決定し、関連ルールの開発や品質の安定化、生産の効率化を推進していくという。「社会問題でもある日本の農業における技術承継の断絶を防ぐ」としている。

【(株)GREENCOLLAR】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る