想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新鮮野菜と産品をお届け オンラインイベント開催 岡山県笠岡市2021年1月22日

一覧へ

岡山県笠岡市は2月11日、関係人口づくりプロジェクトの一環として、市外の人に地元産の新鮮野菜と名産品を届けて同市の魅力を伝えるオンラインイベントを開催。笠岡市を疑似体験できる観光地「笠岡ベイファーム」との生中継や、料理名人から直伝の笠岡産直素材を使った3分クッキングなどを予定している。

新鮮野菜と産品をお届け オンラインイベント開催 岡山県笠岡市

笠岡市は2020年10月に関係人口づくりを目的とした「カサオカスケッチ」プロジェクトを発足し、まちの魅力の発掘・発信に取り組んでいる。同イベントは、コロナ禍で積極的な誘致が難しい中、遠く離れた地でも笠岡市の良さを知り関心を寄せてもらおうと「笠岡とゆるくつながる」関係づくりを目的に企画された。農業が盛んな笠岡で野菜の無人販売所を運営する団体「陽だまりマルシェ」の農家が作った野菜や、地元住民との交流を通して、同市に興味のある人や、ワーケーションや地方移住、農業に興味がある人に「今は行けないけど、いつかは笠岡に行ってみたい」と思ってもらえるイベントをめざしている。

笠岡市は岡山県の西南部に位置する港町で、南は瀬戸内海に7つの有人島、北は緑豊かな山や田んぼが広がる。日本で2番目に大きい笠岡湾干拓地にある道の駅には、菜の花やひまわりが咲く広大な花畑があり、年間を通して多くの観光客が訪れている。

◎オンラインイベント概要
開催日時:2月11日11:00~12:00

定員 :10人

場所 :zoomを利用

参加費 :1000円(当日までに野菜と名産品セットを自宅へお届け)

購入方法:Peatixからチケットを購入(1人1枚まで)

募集期間:1月14日~1月27日

【タイムスケジュール】
11:00 あいさつ、お届け野菜の紹介
11:10 笠岡の観光地へ生中継
11:20 オンライン3分クッキング! ペペロンチーノにチャレンジ
11:40 実食・交流タイム
12:00 終了

【申し込みサイトPeatix】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る