Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

埼玉県狭山市で初「さくらんぼ狩り」収穫体験型観光施設を6月にオープン2021年2月26日

一覧へ

三共木工(株)が運営する@FARM(埼玉県川越市)は、マンゴーやブドウ、さくらんぼなどを生産・販売する、あまみごえファームと連携。異業種から農業へ参入した2社がタッグを組み、埼玉県狭山市で初となる「さくらんぼ狩り体験施設」を6月にオープンする。

あまみごえのさくらんぼあまみごえのさくらんぼ

段ボール事業を中心に貸倉庫業や自動車教習所などを運営する三共木工は、2017年の創業100周年を節目に、地域に「安心・安全な食」を通じて恩返しをしようと農業事業に参入。環境制御型ハウスで育てたトマト、いちごをはじめ農産物の生産、販売や、収穫したての新鮮野菜を使ったメニューを展開するカフェを運営している。

2018年1月にオープンしたいちご狩りは年間約8000人が来園。食育をテーマにいちごの成長過程がわかるパネルの掲示や、キャラクター「いちご大使」をつくり、記念撮影用のグッズの無料貸し出しなど集客に工夫をこらしてきた。その運営のノウハウを生かし、あまみごえファームのさくらんぼ狩りの受付窓口を担当。体験型のさくらんぼ狩りを提供する。

さくらんぼを生産する、あまみごえファームは東洋インキグループの東洋ビーネット(株)が運営。川越市には東洋インキグループの主要工場があり、60年以上にわたる歴史を川越とともに歩んできた。川越市の農業法人第一号として、2014年から「あまみごえ」ブランドとして果樹栽培をスタート。根域栽培法のひとつであるボックス栽培法を採用し、従来の"あまさ"を"こえた"糖度の高いマンゴーやぶどうなどを栽培している。

さくらんぼは、川越市に隣接する狭山市で2016年から栽培を開始。2020年5月に初収穫を迎え、糖度が高く、香り高いと評価されている。さくらんぼは追熟せず、傷つきやすい繊細な果実であることから、一番おいしい「採りたて」を多くの人に味わってもらいながら、農業を通じた地域共生をめざす。

あまみごえが生産するさくらんぼ品種は、佐藤錦、紅秀峰、山形美人、紅夢鷹、紅てまり、紅きらり、紅ゆたか、絢のひとみ、サミット、月山錦、着色ナポレオンの計11種類。さくらんぼ狩り予約開始は年4月を予定している。

@FARMは、ハウス栽培だけでなく露地栽培にも力を注いでおり、今年からは「いも堀り体験」を開始予定。今後は地元農家で収穫体験の実施希望者に、いちご狩りで培った予約システムや当日運営などのノウハウを提供していく。

@FARMのいちご大使@FARMのいちご大使

【@FARM】

【あまみごえ】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る