Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

太陽光利用型植物工場によるトマト栽培で農業参入 平塚富士キッチン2021年5月31日

一覧へ

神奈川県内で飲食店を9店舗展開する株式会社平塚富士キッチン(神奈川県平塚市)は、グループ会社の有限会社朋親で、2300平方メートルのトマト生産に新規参入。農場名「ロココファーム」から、「家族に食べさせたい真心こめて作ったトマト」を地元の茅ヶ崎市と平塚市を中心に販売を始めた。

ロココファームの東海農場長(左)ロココファームの東海農場長(左)

ロココファームは、神奈川県茅ヶ崎市で2422平方メートルの太陽光利用型植物工場を建設。3月1日に定植しトマト生産を始めた。農業未経験からの農業参入だったが順調に栽培が進み、4月末から収穫が始まった。現在はグループ会社の飲食店と茅ヶ崎市、平塚市のJA農産物直売所やスーパーマーケットの産直コーナーで販売している。

スーパーマーケットの産直コーナーなどで販売スーパーマーケットの産直コーナーなどで販売

今期は、大玉トマトは「りんか409」を2460株、中玉トマトは「シンディースイート」を1240株の計3700株でスタートし、4月下旬から7月下旬まで収穫する。また、来期からは8月下旬に定植し、大玉トマトは「りんか409」を3690株、中玉トマトは「シンディースイート」を1240株の計4930株を定植し、10月下旬から翌年の7月下旬まで収穫する予定。農場長の東海直明さんは、精密化学メーカーから脱サラしてトマト栽培に挑戦している。「家族や大切な人に安心して食べてもらえるものを作ることをモットーに、地元のみなさまに喜んでいただける元気なトマトを育てていきたい」と抱負を語っている。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る