人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

農業の未来を描く「レタスアート」長野県富士見町で開催 LEOC2024年6月19日

一覧へ

ONODERA GROUPのLEOCは6月17日、トップリバー(長野県北佐久郡御代田町)と多摩勇代(埼玉県さいたま市)の協力を得て、トップリバー富士見農場(長野県諏訪郡富士見町)で「レタスアート」を披露した。

「With ONODERA GROUP」の文字が圃場を彩った

「With ONODERA GROUP」の文字が圃場を彩った

レタスアートは2016年に始まり、今回が6回目の開催。全国3000か所以上でコントラクトフードサービス事業を手がけるLEOCと各地の生産者と企業をつなぐ多摩勇代、未来を担う若手農家を輩出するトップリバーの3社が、「生産者の顔が見える」「農業の楽しさが見える」企画として続けている。

今年は天候にも恵まれて生育が進み、アートも昨年以上にくっきりとした仕上がりに。披露当日は、写真撮影と収穫が行われた。イベントにはLEOCの社員をはじめ約30人が参加し、農作業に汗を流しながら、生産者の苦労に思いをはせた。

収穫されたサニーレタス・グリーンリーフ約7000株は、LEOCが受託運営する首都圏の社員食堂・有料老人ホームのほか、多摩勇代およびトップリバーのクライアントにも提供を予定している。

「レタスアート」披露イベントが行われたほ場

「レタスアート」披露イベントが行われたほ場

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る