金融・共済 ニュース詳細

2017.03.02 
ICMIF新会長 JA共済連訪問一覧へ

 国際協同保険連合(ICMIF)の新会長ヒルデ・フェルナイレン女史らは3月2日、東京都内のJA共済ビルを訪問。JA共済連の勝瑞保代表理事理事長らに、会長就任の挨拶を行うとともにICMIFの課題、方向性などについて意見交換した。

中央左がヒルデICMIF会長、右が勝瑞JA共済連代表理事理事長 2016年10月に新しく就任したヒルデ・フェルナイレン会長は、ICMIFの地域協会である国際協同組合保険連合アジア・オセアニア協会(AOA)の会長も務めるJA共済連の勝瑞保代表理事理事長らに、就任の挨拶、会員であるJA共済連の実態把握などを行なった。
 ヒルデ会長は「国連等の国際機関が協同組合による共済事業の価値と役割に注目している。ICMIFとともに共済事業の振興に向けた取り組みに繋がる機会となれば嬉しい」と話した。
 また勝瑞理事長は、ヒルデ会長とICMIFの活動を引き続き支援していく方針を示し、「ICMIFの活動を通して共済事業を巡る国際的な動向を把握し、会員との情報共有や連携を深めていくことで、JA共済事業の更なる発展につなげてほしい」と語った。
 また同日はICMIFの同会長らがJA共済連の役員や部長約70人に向けて、世界の共済事業などについて講演した。
 ICMIFが取り組む5-5-5マイクロインシュアランス開発戦略(5-5-5戦略)のサポートも依頼。JA共済連はこれについて、何らかの形で支援していく方針だ。なお、5-5-5戦略は、5年間に5か国で500万世帯の保険未加入世帯に、協同組合、相互扶助の理念に基づいたマイクロインシュアランス(開発途上国の低所得者向け保険)の普及を目指す戦略。すでにコロンビア、インド、ケニア、フィリピン、スリランカで始動している。
 ICMIF会長らはこのほか、全労済、日火連、コープ共済連、大学生協共済連、日本共済協会らとも同日中に面会予定。
 ICMIFは国際協同組合同盟(ICA)の保険専門機関として設立され、JA共済連は1964年に加盟している。2016年10月現在、世界75か国、290団体で構成されている。
(写真)中央左がヒルデICMIF会長、右が勝瑞JA共済連代表理事理事長

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ