野菜・果物 ニュース詳細

2017.03.14 
サツマイモ 遺伝子解析へ一歩一覧へ

 (公財)かずさDNA研究所と農研機構、中国農業科学院、中国農業大学、韓国生命工学研究院、韓国農村振興庁は共同で、サツマイモの栽培品種と野生品種の塩基配列の違いを解析したと10日、発表した。

 サツマイモは食用のほか、デンプンの原料、飼料用にも使われ、さらにはやせた土地でも他の作物と比べ高い収量が得られるため、アフリカなど食料不足の地域での導入が進んでいる。このため、サツマイモの新品種開発が世界で行われている。サツマイモは15本ひと組の染色体を6セットもち、ゲノム解析が困難なため、この解析に期待されていた。
 今回、サツマイモの栽培品種のゲノム上にある野生種の塩基配列の違いを解析。ゲノム解読を実現するうえで必要となる基盤情報が提供できるようになった。
 これにより、遺伝地図をもとに、病害虫抵抗性や収量性など、農業形質に関連する遺伝子の位置を特定できるようになった。また、ゲノム育種に必要なDNAマーカーの開発など、新品種の育成の効率化に期待されている。
 栽培種のゲノム解析は平成24年に日本と中国、韓国の3か国が共同で行うことを合意していた。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ