Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「JA」よりも「農協」名が体を表す【原田 康・目明き千人】2021年5月29日

一覧へ

「農業協同組合」を「JA」と呼び表示も「JA〇〇」が定着した。1991(平成3)年の第19回全国農協大会で愛称をJAとすることを決定した。それまでの稲穂に協の字の丸いマークに代わってJAがマークとなった。「JA」はJapan Agricultural Co―operativesの頭文字を取ったものであるが肝心のCo―operativesという表示が抜けた。

本紙4月10日号の「築こう協同社会」の座談会の中で福島大学の小山教授の発言の中に「JAグループは、株式会社との違いをもっと世間にPRすべきですね。今の学生はJAが協同組合であることを知りません。農林中金や単位JAは知っていても、それが協同組合とは思ってはいません。新人職員を含めて、協同組合の原理原則をどのようにしたら理解してもらえるでしょうか」との指摘がある。

農協新聞の読者の皆さんは「JA〇〇」がどこの単協や連合会であるか、JAだけの時は個別の組合を指しているのか農協組織全体を指しているのか分かるが、JAという表示が正確にどの組織を指しているか分かる人は少ないのではないか。

農学部の学生だけではなく農協の職員でも担当の業務が農業の生産、販売に直接かかわる営農部門以外の信用、共済の金融部門や生活部門等を担当している職員の中には「農業協同組合の職員」であるとの自覚がない人もいるのではないかと心配になる。

JAという表示の建物が農村部だけではなく全国の市町村や東京や大阪のような大都市のオフィス街の大きなビルにもあるのでの農業関係以外の、農協という組織を知らない人は「JA」が何をしているところか分からない。
農協の自己改革はメニューをたくさん並べるのではなく、名は体を表すので「JA〇〇」から「〇〇農協」、「〇〇農協連合会」にすることで組合員農家をサポートする協同組合であることを明確にできる。

このような名称の表示を変更することは大会などの組織決定で全国一斉にやるのではなく、各単協や連合会が個別に表示を変えればよいので簡単にできる。内部の文書、行政等への報告書、マスコミなどへの発表の文書にもJAを使わず農協やフルネームの農業協同組合とすることで本来の姿となる。 
(原田 康)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る