人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ウクライナの戦争犯罪を国連が公表【森島 賢・正義派の農政論】2023年4月3日

一覧へ

ウクライナがロシア軍捕虜に対して行った、即決処刑や虐待などの、いわゆる戦争犯罪は、紛争開始から今までどれ程のものだったか。これを主題にして、国連の人権高等弁務官事務所が、現地で大々的に聞き取り調査を行った。その結果を先月の24日に、14万字の膨大な報告書にして、詳細に公表した。
もちろん、国連は公平だから、ロシアがウクライナ軍捕虜に対して行った、いわゆる戦争犯罪も、あわせて報告している。
ここで言いたいことは、日本の報道機関の多くが、この国連報告をほとんど無視して報道しないことである。そうして、ウクライナは正義のための聖戦をしているように報道している。
そうした報道に支えられて、日本は米欧とともに、ロシアが無条件で降伏するまで戦うことを期待し、期待するだけでなくウクライナを支援している。
だが、聖戦などというものはない。一刻も早く戦争は止めねばならない。

20230403の図.jpg

上の図は、国連が公表した報告を、朝日が伝えたもので、ウクライナ紛争を始めて以後の、ウクライナ、ロシア両軍が行った、いわゆる戦争犯罪の件数である。この件数は、大規模調査の結果とはいえ、全体のごく一部だろう。

これをみると、日本の多くの報道機関が伝えてきたこととは違うことが分かる。

これまでの報道は、ウクライナ軍は、正義のために清く正しい戦争をしている、というものだった。それに対して、ロシア軍は、鬼畜のような残虐な戦争をしいる、といっていた。

国連は、この報道が誤っていることを、詳細な現地調査に基づいて発表した。

だが、この図をみて、どちらが清く、どちらが正しいか、を考えることは無意味である。

はじめに、言っておきたい。

この国連報告は正確にいえば、いわゆる戦争犯罪を調査したものである。つまり、いわゆる戦争犯罪に限定している。

ここには、軍人どうしが殺しあう戦争行為は犯罪ではない、という思想がある。それは犯罪どころか、国家が勲章を与えて賞賛すべき行為である、という思想がある。

多くの人は、この思想を受け入れないのではないか。そうだとすれば、いわゆる戦争犯罪を止めさせるだけではなく、戦争行為そのものを、つまり、戦争を止めさせねばならない。

だが、戦争を止めさせたくない勢力がある。それは、米欧側である。米欧側は、ウクライナを負けさせてはならぬ、といっている。そのために、ウクライナを支援し、ウクライナが勝つまで戦争するように支援を続けるといっている。ロシアが降参するまで続けるという。

残念なことだが、日本はその中の一国である。

これでは、戦争は延々と続く。戦争犯罪は増え続ける。それでも日本人の心は痛まないのか。

戦争は、一刻も早く止めねばならない。

(2023.04.03)

(前回   政党は政治論の土台を示せ

(前々回  学校給食は米粉パンと米粉めんで

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)
https://www.jacom.or.jp/contact/

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る