人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

Made in Italyを守ろう【イタリア通信】2024年6月8日

一覧へ

【ローマ在住ジャーナリスト・茜ヶ久保徹郎】

Salerno港Salerno港

5月28日。南イタリアのBariとナポリの南Saleroの港でCOLDIRETTI(イタリア自作農総連合会)所属の農民が抗議運動。

COLDIRETTIは外国製の原料を使ってイタリア国内で製品化したものにはその旨をはっきりとラベルに表示して本物のMade in Italyと区別し、外国製の食品の作成にヨーロッパと同じ条件を義務付けることを要求している。

Salerno港では中国製のトマトピューレの入ったコンテナーを40個を積んだ船に抗議。
中国が輸出するトマトピューレの90%は新疆ウイグル自治区で作られたもので、米国は2021年から強制労働によって作られたとして輸入を禁止しているが、昨年イタリアは8500万キロも輸入している。

Bari港

Bari港での抗議活動

Bari港ではトルコからの小麦を積んだ船をストップさせた。

この船はトルコの港を出てからギリシャで入港を拒否され、行方が分からなくなっていた船だそうである。

昨年トルコからの小麦の輸入は800%、ロシアからは1000%、カザキスタンから170%アップ、カナダからも47%増え小麦の価格が下がり、今年の1,2月だけでトルコから3200万キロ輸入、多くのイタリアの農家が破綻の危機に陥っている。

イタリアの農民は自分たちの農場とMade in Italyを守るためには実力行使もいとわない。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る