想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

〔240〕かりんとう

一覧へ

〔240〕かりんとう
【JAあまくさ・熊本県】
 JAあまくさ女性部倉岳支部の「なのはな加工グループ」の逸品である。メンバー8人が地産地消にこだわり、味噌や漬け物などを製造している。

シモンの粉入り

 かりんとうもその一つで、ただのかりんとうではない。1割のゴマを混ぜた小麦粉を牛乳でこねたこだわりの手づくり商品。普通のサツマイモに比べ、格段のビタミンやカルシウムを含む「シモン芋」の粉も加える。
 また採種から栽培した地域独自の「お多福高菜」を使用した「高菜漬」や、米2対大豆1(普通は3対1)の味噌も好評。かりんとうの価格は1パック(150g)300円(税込)。
 問い合わせは同グループ代表・川辺千恵子さん(電話:0969-64-3406)。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る