想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

AgTechの銀座農園 経営体制を強化でCOO・CMOが新たに就任2021年1月14日

一覧へ

スマート農業ソリューションを提供するAgTechスタートアップの銀座農園(株)は1月1日付けで、執行役員COOに桑原広充氏と執行役員CMOに高野信人氏が就任した。

COOの桑原氏COOの桑原氏

銀座農園は創業以来、マルシェ、ロボットなど農業課題に対応する多角的なサービスを提供。近年は急速に農業ロボットのニーズが高まっていることから、マルシェ事業とスマートアグリ事業の連携強化と、さらなる事業拡大に向けたオペレーションや内部統制強化が急務となっている。同社では事業全体の成長をさらに加速させるため、それぞれの事業で卓越した経験と実績のあるメンバーを新たな運営責任者に選定した。

桑原氏は、石油系資材企業で営業職として従事後、日本とシンガポールでFinTechベンチャーを起業。国内外で金融機関とSaaS・振込系オープンAPIの連携を構築しデータ活用にも取り組む。同社ではロボットとデータビジネスにおける運営責任者を務め、2020年10月に銀座農園に参画し、同11月からスマートアグリ事業部長。また、高野氏は、TSUTAYAのグループ企業で食品部門を立ち上げ、運営した経験を活かし、銀座農園では東京有楽町・交通会館マルシェの運営責任者を務める。2018年10月から銀座農園に参画し、2020年11月にマルシェ事業部長に就任した。

CMOの高野氏CMOの高野氏

COO(Chief Operating Officer)に就任した桑原氏は「今後は、アグリEVロボット『FARBOT』シリーズのさらなる進化に併せてデータビジネスも加速する。データ活用とソフトウェア構築の領域、海外進出では経験をフルに活したい」とコメント。また、CMO(Chief Marketing Officer)の高野氏は「スマートアグリ事業との連携を強化し、ロボットを活用したテクノロジーとリアルの融合を進め、農業者の生産から販売までのトータルソリューションを提供していく」と述べている。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る