想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

25年度FRONT80助成事業を募集 農林中金2013年4月25日

一覧へ

 農林中金では、平成17年に創立80周年を記念して「公益信託 農林中金80周年森林再生金」(FRONT80)を設定し、国内の荒廃した民有林を再生する事業・活動に対して助成を行っているが、25年度の募集を5月1日から開始する。

 FRONT80による助成は平成17年度から24年度までに、45件の事業に対して実施されており、今回は9回目の助成となる。
 助成対象事業は「地域の森林に対する長期ビジョンをもった活動で、かつ費用対効果に十分配慮した創造性が高いと認められる事業」で、具体的には、「複数の森林所有者との長期安定的な契約に基づく、ひとまとまりとなった荒廃林の再生事業(多面的機能の向上を目指した利用間伐・切捨て間伐、被害森林の整理伐・更新、天然更新のための択伐等の施業を条件とする)」。これに付帯する林地境界明確化、林地調査、不在村者調査など、となっている。
 助成対象者は、森林組合、農協、漁協など協同組合、特定非営利法人、社団・財団など営利を目的としない団体で法人格を有するもの。ただし地方公共団体は除く。
 募集期間は25年5月1日から6月28日。
 募集方法については
▽全国森林組合連合会組織部(TEL:03-3294-9719)
▽農中信託銀行営業推進部(TEL:03-5281-1340)
▽農林中金農林水産環境統括部(TEL:03-5220-9554)
へ問い合わせのこと。


(関連記事)

1次産業と企業の架け橋に 農林中金がセミナー(2013.04.24)

札幌市大通公園の花壇づくりに参加 農林中金(2013.04.16)

長野県4JAの加工品をPR 都内で商談会(2013.04.15)

JA千葉信連、農林中金が7月に統合(2013.04.09)

森林再生基金(FRONT80)助成案件決まる 農林中金(2013.03.01)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る