Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

モスファーム熊本へ投資 農林中央金庫2013年10月17日

一覧へ

 農林中央金庫はアグリビジネス投資育成(株)と連携して「担い手経営体応援ファンド」を創設しているが、このほど第1号案件として(株)モスファーム熊本へ1800万円の投資を行った。

 同社は(株)モスフードサービスが品質の高い野菜を効率よく調達するために、熊本県内の農業生産法人である(株)うえなかと個人農家との共同出資により、今年4月に八代市に設立した農業生産法人。地元JAとも連携して耕作放棄地を取得するなど、地域農業振興に取り組んでいる。従業員は8人。資本金5820万円。
 農林中央金庫は、同社の取り組みを支援するとともに、地域農業振興を後押しするため、今回の投資を決めた。
 「担い手経営体応援ファンド」は、耕作放棄地の利用、農地集積、農業の6次産業化を図る農業生産法人の規模拡大ニーズに応えるために資本を供与する仕組み。資本が少ないながら技術力のある農業生産法人の育成のための資本供与の仕組みである「アグリシードファンド」に加えて25年6月に創設した。


(関連記事)

JA貯金 伸び率2% 農林中央金庫(2013.10.01)

JA貯金、伸び率1.8% 農林中央金庫(2013.08.27)

スポーツ祭東京に木材製品を寄贈 農林中金(13.08.26)

農林中金、自己資本比率は高水準を維持(2013.08.23)

経常利益1331億円 農林中金第1四半期決算(2013.08.07)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る