金融・共済 ニュース詳細

2013.08.07 
経常利益1331億円 農林中金第1四半期決算一覧へ

 農林中央金庫は8月6日、平成25年度第1四半期決算を発表した。

 経常収益は前年度同期比で544億円増の3534億円、経常費用は同160億円増の2223億円となった。資金調達費用や事業管理費は前年同期比で減ったが、有価証券売却損が同166億円増となったことが経常費用の増加に影響した。
 その結果、経常利益は1311億円、純利益は1013億円となった。
 連結決算では同403億円増の経常利益1331億円、純利益は同175億円増の1027億円となった。
 純資産は3月末比で2兆6212億円増の84兆1181億円となった。純資産は同3819億円減の5兆3852億円となった(いずれも連結)。
 純資産の減少は、有価証券評価益が1兆370億円となったものの、米国が量的緩和策を終了させるとの見方から金利が上昇、国債や外国債券の含み益が減ったことなどが影響したため。ただ、24年3月末に比べれば評価益は2倍以上の水準となっている。
 農林中央金庫は経常利益の年度目標を1000億円としており、今期の決算は新中期経営経営計画の初年度、第1回決算として「堅調に推移している」としている。


(関連記事)

JA貯金、伸び率1.7% 農林中央金庫(2013.07.30)

農林中金、JAバンク千葉信連と統合(2013.07.17)

宮城で稲作営農再開支援 農林中金(2013.05.13)

札幌市大通公園の花壇づくりに参加 農林中金(2013.05.07)

食と地域のくらしに貢献 農林中金中期計画(2013.04.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ