金融・共済 ニュース詳細

2013.05.07 
札幌市大通公園の花壇づくりに参加 農林中金一覧へ

 農林中央金庫札幌支店はCSR活動の一環として4月27日、札幌市大通公園の花壇づくりに参加した。

 札幌市では昭和57年に「緑の基本計画」を策定し、市内の「みどりの量」(樹林地、草地、農地、水面の合計面積)を維持し、その減少をくい止める活動に取り組んでいる。
 同支店ではこの事業への参加として、63年から毎年花壇づくりに参加してきた。
 今回は、札幌市の中心にある大通公園の円形花壇9基のうちの1つに、パンジーの苗2000株を植え付けた。
 このパンジーは、雪印種苗の委託を受けて、恵庭市の生産者がつくったもの。同支店は雪印種苗からこのパンジーを購入し、植え込み指導を受けた上で、花壇づくりを実施。
 当日は、雨が降り最高気温も9℃と肌寒いなか、午前10時から花壇づくりに参加。新入職員も含めて15人ほどの金庫職員が参加した。

nous1304160501.JPG nous1304160502.JPG


(関連記事)

長野県4JAの加工品をPR 都内で商談会(2013.04.15)

JA千葉信連、農林中金が7月に統合(2013.04.09)

食と地域のくらしに貢献 農林中金中期計画(2013.04.08)

JA貯金95兆円を目標 JAバンク中期戦略(2013.04.08)

JA貯金、残高90兆3000億円 農林中金(2013.04.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ