金融・共済 ニュース詳細

2013.07.17 
農林中金、JAバンク千葉信連と統合一覧へ

 農林中央金庫と千葉県信用農業協同組合連合会(JAバンク千葉信連)は7月16日、一時事業譲渡方式による統合を行った。信連と農林中金との統合は全国では12県域目。

統合記念式典で握手する(左から)河野理事長、野宮会長、林茂壽JA千葉中央会会長 両者の統合は平成21年11月の第34回JA千葉県大会で決議されていた。農林中金はJAバンク千葉信連の事業のうち、貸出金225億円、貯金1兆4043億円の継承する。また、この事業譲渡に先立ち、JAバンク千葉信連の持っていた個人貯金などについては5月18日付で県内21JAに事業譲渡した。
 JAバンク千葉信連は今後1年半は、為替決済業務や公庫受託業務などの県内JAの取りまとめ業務に特化して運営し、27年1月をめどに農林中金と最終統合する予定。
 JAバンク千葉信連の野宮紀昭経営管理委員会会長は、「これまで信連が培ってきた県域機能をJAと農林中金が継承し、JAは農林中金直接利用による収益メリットを受ける。我々にはこれまで以上に高度で良質な金融サービスを組合員、利用者に提供し、“魅力にあふれ愛され続けるJAバンクであることが求められる」として、1年半後の最終統合に向けて取り組みをすすめるとした。
 河野良雄理事長は、千葉県が全国トップクラスの農業生産額があり、JA事業基盤のポテンシャルが非常に高いと評し、「貯金残高はまだまだ伸びていく力がある。グループ一丸となって、千葉県県域の皆さまのともに汗を流し、県内のJA系統や組合員、千葉県の農業と経済のさらなる発展に向けて取り組んでいきたい」と、統合による事業発展に期待を寄せた。
 JAバンク千葉信連は今後1年半は、為替決済業務や公庫受託業務などの県内JAの取りまとめ業務に特化して運営し、27年1月をめどに農林中金と最終統合する予定。

(写真)
統合記念式典で握手する(左から)河野理事長、野宮会長、林茂壽JA千葉中央会会長


(関連記事)

JAバンク渉外担当者が交流 元気ネット2013 (13.07.16)

JA千葉信連、農林中金が7月に統合(2013.04.09)

食と地域のくらしに貢献 農林中金中期計画(2013.04.08)

JA貯金95兆円を目標 JAバンク中期戦略(2013.04.08)

40年ぶりの新規支店 農林中金千葉支店がオープン(2013.02.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ