左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAバンク渉外担当者が交流 元気ネット20132013年7月16日

一覧へ

 農林中央金庫は7月11日、東京・台場のホテル日航東京で第22回JA渉外担当者交流会(元気ネット2013)を開いた。JA渉外担当者128人を含む175人が参加した。

JA渉外担当128人、信農連・農林中央金庫支店職員47人の計175人が参加した この交流会は、JA信用事業の渉外担当者同士の相互啓発・情報交換を通じたスキルの向上、ネットワークの構築をめざすもので、平成4年から毎年開催されている。全国で優秀な実績をあげている渉外担当者と信農連・農林中央金庫支店の職員などが一堂に会し、グループディスカッションなどを通じて自由な意見交換ができる貴重な場だ。
JAバンク渉外担当者への期待を述べる太田常務 太田実常務理事はあいさつで、今後のJAバンクの事業環境について、「正組合の世代交代の本格化、リテール金融市場の縮小や低迷への局面転換に伴う他金融機関との競争激化など、環境は非常に厳しく、貯貸金や信用事業利益の縮小が懸念される」と述べ、こうした環境への対策として、平成25年度から始まった新3か年計画「JAバンク中期戦略」で大きな柱として掲げた?CS重視による利用者目線でのサービス提供の徹底?利用者目線の事業推進をJAバンク全体で徹底していく事業運営態勢の確立を成し遂げ、「正組合員中心の単品セールス」から、「利用者のライフイベントに応じた推進スタイル」への変革をめざしたいとした。そのためには、「第一線でJAと組合員、地域利用者とをつなぐ“顔”である渉外担当者の役割が大変重要」だとして、さらなる活躍を期待した。
 その後、参加者同士は活発なグループディスカッションを行い、交流会2日目にはプロ野球のトレーニングコーチなどで知られるコンディショニング・コーチの立花龍司氏の記念講演が行われた。

 (写真)
上:JA渉外担当128人、信農連・農林中央金庫支店職員47人の計175人が参加した
下:JAバンク渉外担当者への期待を述べる太田常務


(関連記事)

JA貯金、1.7%の伸び 農林中央金庫(2013.07.01)

経常利益881億円を確保 農林中金決算(2013.05.24)

宮城で稲作営農再開支援 農林中金(2013.05.13)

札幌市大通公園の花壇づくりに参加 農林中金(2013.05.07)

25年度FRONT80助成事業を募集 農林中金(2013.04.25)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る