想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宮城で稲作営農再開支援 農林中金2013年5月13日

一覧へ

 農林中央金庫は東日本大震災で被災した宮城県の農業者を対象に、水田10aあたり2000円を上限に生産資材の費用を助成する。この金額は同面積に作付けされる種もみ相当分となる。

nous1305131101.jpg 金庫は平成23年4月に復興支援プログラムを創設。被災した農林漁業者に金融・経営支援、生産資材の助成・寄贈など行ってきた。
 今回の助成も、このプログラムを活用した支援活動だ。JA全農と連携し、震災により休耕を余儀なくされた農業者のうち、今年度が震災後初めて稲作を作付けする農業者に対し、種もみ、育苗箱など資材の費用を助成する。
 5月10日にはJAビル宮城で「JAバンク宮城 稲作営農再開支援資材贈呈式」を行い、奥和登・農林中央金庫常務理事から、菅原章夫・JA宮城中央会会長はじめ、県内5JAの代表者らに目録が手渡された。

(写真)
(後列左から)五十嵐太乙・農水省東北農政局長、菅原章夫・JA宮城県中央会会長、千葉和典・JA全農みやぎ県本部長、(前列左から)石川壽一・JAいしのまき代表理事組合長、高橋正・JA南三陸代表理事組合長、奥和登・農林中央金庫常務理事、高橋弘次・JA名取岩沼代表理事組合長、岩佐國男・JAみやぎ亘理代表理事組合長、菅野育男・JA仙台代表理事専務


(関連記事)

札幌市大通公園の花壇づくりに参加 農林中金(2013.05.07)

25年度FRONT80助成事業を募集 農林中金(2013.04.25)

1次産業と企業の架け橋に 農林中金がセミナー(2013.04.24)

長野県4JAの加工品をPR 都内で商談会(2013.04.15)

JA千葉信連、農林中金が7月に統合(2013.04.09)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る