Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

経済金融情勢と今後の展望探る 農林中金2014年9月16日

一覧へ

金融経済トップセミナー開く

 農林中央金庫は9月9、10日、東京都内で金融経済トップセミナーを開いた。

 「農林中金・金融経済トップセミナー」は信農連・信漁連の役員や上級管理職をおもな対象に開催。有価証券運用を切り口に、最近の経済・金融動向などの情報提供を目的に昭和62年から開催し今年で27回目となる。系統人材開発の一環と位置づけている。
 9日の第1部のテーマは「現下の金融経済情勢と今後の展望」。JPモルガン証券チーフエコノミストの菅野雅明氏とみずほ総研チーフエコノミストの高田創氏が基調講演とパネルディスカッションを行い、10日の第2部は武者リサーチ代表の武者陵司代表が「2014年の経済と株式市場展望」について講演した。
 武者氏は今までの日本はデフレが続くという懸念から現金保有を続け、結果的にデフレに陥っていたとして、デフレ心理の払しょくが大事だとして、リーマンショック前にすでに日本企業の業績が回復していることや、その裏側にある部品、素材、装置などへ日本企業が構造転換を実現していることなどを指摘し、日本株への正当な評価が必要などと話した。消費増税への反動で景気回復の鈍さが表れているが、第2弾の量的金融緩和などでアベノミクスの勢いを取り戻す必要性なども指摘した。


(関連記事)

JA貯金残高2.2%増93兆円に 農林中金(2014.08.26)

自己資本比率上昇 農林中金第1四半期(2014.08.22)

香港フードエキスポに出展 JAグループ(2014.08.19)

JA6次化ファンド 千葉の食品加工会社へ出資(2014.08.18)

JA全中新体制発足 総合審議会にも諮問(2014.08.08)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る