左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

香港フードエキスポに出展 JAグループ2014年8月19日

一覧へ

国産農畜産物の輸出拡大に向けて

 JAグループは8月14?18日に香港で開催された「香港フードエキスポ」に出展。JA6次化ファンドの出資先企業も招聘し、日本の農畜産物をPRした。

JAグループのブースのようす 今回の出展は、6月に設置した「JAグループ輸出推進協議会」を中心に、JF全漁連、日本農業法人協会とも連携し、日本産農林水産物の輸出拡大を図ろうというもの。
 ブースではJA6次化ファンドの出資先企業である(株)マイセンファインフード、いずも食品加工(株)も出展し、6次産業化で開発された商品を海外で販売するきっかけを提供した。
 JA6次化ファンドの出資先を出展したことについて農林中央金庫の種田宏平常務は、「(JAグループのファンドは)出資にとどまらず、出海外展開もサポートすることでさらなる付加価値を提供する。他のファンドとの差別化を図りたい」とコメント。これからも農林水産業者の収益力強化に向けて、系統や業界の枠組みを超えた連携に取り組み、「農林水産業者と産業界の架け橋として多様な機能を発揮したい」として、さらに販売拡大を支援していくと強調した。
 また、連携して出展した全漁連の長屋信博専務は、「世界中で“和食”が注目される中、素材だけでなく食文化や調理法も含めて海外に発信していきたい。同じ生産者団体のJAグループと一緒に出展できたことは意義深い」とコメントを出した。
 そのほか、JAグループからは、成清一臣理事長が「日本の農畜産物は安全安心であることに加え、高品質であり競争力は十分にある。新たな販路を海外に求めることで、農業者の所得向上につながる」と、今後もJAグループとして輸出拡大に積極的に取り組むと強調。JA全中の大西茂志常務は、「生産者サイドのオールジャパンの輸出促進にかかる枠組みとして、JAグループ輸出推進協議会を機能させていきたい」とコメントした。

(写真)
JAグループのブースのようす


(関連記事)

JAグループ輸出推進協議会を設置(2014.06.05)

JA6次化ファンド 千葉の食品加工会社へ出資(2014.08.18)

経常利益45億円増 農林中金第1四半期決算(2014.08.07)

【コラム・ここがカンジん】JAバンクの行く末(2014.08.05)

JA貯金93兆2000億円 農林中金(2014.07.29)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る