金融・共済 ニュース詳細

2014.11.19 
米生産者に利子補給を実施 -農林中金が特別対策-一覧へ

 農林中央金庫は11月18日、平成26年産米にかかる米生産者の資金繰り特別対策を発表した。

 26年産米の米価下落で影響を被った米生産者の資金繰りの円滑化に資するため、緊急対策として県域やJAが要綱を定めるJA原資の農業資金からの貸し付け運転資金に対し、農林中央金庫が利子補給を実施する。
 利子補給率は年0.5%以内。利子補給期間は国の対策である収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)の交付金交付や概算金の追加払いの時期などをふまえ、来年12月までとしている。
 想定貸付額は最大3000億円、利子補給総額は15億円を見込んでいる。この対策は今年9月以降来年3月までに実行された融資を対象とし、すでに実行されている融資についても遡って適用する。

 

(関連記事)

【農業・農協改革】中央会機能を守り、地域社会崩壊防げ 高橋専太郎・JAいわて花巻代表理事組合長(2014.11.17)

保育園へ球根など寄付 農林中金福岡支店(2014.11.07)

JA再エネファンド 初の出資案件が決定(2014.11.07)

中央会解体はJA潰し JAは何を主張すべきか 石田正昭・三重大学招へい教授(2014.11.05)

JA貯金、伸び率2.1% 農林中金(2014.10.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ