左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA再エネファンド 初の出資案件が決定2014年11月7日

一覧へ

 農林中央金庫、JA共済連が6月に設置した「農山漁村再エネファンド」の第1、2号出資案件が決まった。10月31日に発表された。

 このファンドは、第26回JA全国大会で再生可能エネルギーの利用促進などに取り組むことを決議したことを受けて設置したもの。農山漁村や中山間地の関係者が取り組む再生可能エネルギー事業のうち、地域活性化につながり、また、安定した経営が見込まれるものを投資対象にする。ファンドの規模は10億円。
 第1号案件には(株)JAアグリはくい(石川県羽咋市)、2号案件には三重エネウッド(株)(三重県松阪市)が選ばれた。
 JAアグリはくいはJAはくいの子会社で、農産物を原料とする食料品の製造・販売、農作業の受託、新規就農者の研修などを行っている。今回、同社は、県が行う耕作放棄地再生事業でほ場整備された農地で営農を行うほか、この地区に設備容量1999kWの太陽光発電設備を併設する。ファンドからは2億円が出資される。

積極的な農業参入支援による農地再生モデル?滝地区(羽咋市)?
(JAアグリはくいの事業概要=石川県庁の発表資料より)


三重エネウッドが利用する間伐材 三重エネウッドには1億1500万円を出資。同社は県、市、森林組合、林家、地元金融機関などと連携し、地域の未利用資源を燃料とする出力5800kW規模の木質バイオマス発電事業を行う。この事業では間伐材を年間7万t購入することで地元林業の活性化と、関連産業も含めて85人の雇用創出を実現する計画だ。この発電所は11月1日に営業運転を開始した。

 

(写真)
三重エネウッドが利用する間伐材


(関連記事)

JA貯金、伸び率2.1% 農林中金(2014.10.27)

地域貢献活動紹介冊子を作成 JA共済連(2014.09.02)

申込みをペーパーレス化 JA共済連が改革案(2014.07.28)

地域密着事業を推進 JA共済連25年度決算(2014.07.28)

農山漁村再エネファンドを組成 農中、JA共済連(2014.07.03)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る